エリクセンのインテル移籍がついに合意と報道。カリアリ戦でサン・シーロに?

インテル

 トッテナムのクリスティアン・エリクセンは、1月の移籍市場でインテルの一員となりそうだ。23日、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えた。

「エリクセンの将来にとって重要な一日」。インテルとトッテナムが23日に会談予定
 『スカイ』は22日、トッテナムからインテルへの移籍が話題となっているクリスティアン・エリクセンの将来について、23日が重要な一日になり得ると伝えた。  1月のエリクセン獲得を目指すインテルは、トッテナムとの交渉を続けている。...

 インテルは23日、トッテナムと交渉の場を持った。そして、最終的に合意に達した模様だ。

 トッテナムは今シーズンで契約満了となるエリクセンについて、2000万ユーロの移籍金を要求してきた。インテルは1500万ユーロまで提示していたが、この日の交渉では両者が歩み寄り、最終的にインテルはボーナス込みで2000万ユーロという金額を提示。トッテナムも受け入れることにしたようだ。

 2000万ユーロの内訳についてはメディアによって差があり、1800万ユーロ+ボーナス200万ユーロという報道もあれば、1500万ユーロ+ボーナス500万ユーロという声もある。ボーナス500万ユーロの場合は、うち200万ユーロの達成が難しく、残りの300万ユーロは比較的簡単に達成されるものとなっているようだ。

 エリクソンは今後、イタリアに向かうことになる。週明けに到着するという報道がある中、『FcInterNews』は26日(日)のカリアリ戦をサン・シーロで観ると伝えた。その後、年俸1000万ユーロの2024年までの契約にサインをする運びとなりそうだ。

タイトルとURLをコピーしました