モラッティ元会長「インテルのスクデットのためならタバコをやめる」

インテル

 インテルの元会長であるマッシモ・モラッティ氏が、『ジョルノ』のインタビューに応じた。『TMW』がその内容を伝えている。

 ジュゼッペ・サーラ市長はサン・シーロに禁煙ゾーンを設けたいと考えている。これに対して愛煙家のモラッティ氏は、「インテルのために、この犠牲もいとわない気持ちだ。チームがほかの感情を私にプレゼントしてくれる」と語った。

 充実のシーズンとなっている今季について同氏は、「スクデット獲得のためにはもっと幸運が必要だろう。チームは優れており、監督もいる。いつか全てのインテルのティフォージが夢見る、感動にあふれたエンディングが戻ってくることを願っている」と述べた。

 さらに、アントニオ・コンテ監督を絶賛。同氏は「全ての選手を再評価して、魂とハートを注入した。クラブが経済的な後押しをするのは当然だ。私はたくさん出したよ。私はそれで良い。たくさん勝ってもらいたいね。そのためなら、私はタバコをやめても構わない」と話し、インテルの勝利を見るためには大きな犠牲も払うつもりだ。

エスポジト「ルカクは出会う前から僕のことを知っていた」
インテルのFWセバスティアーノ・エスポジトが20日、『DAZNイタリア』のインタビューに応じた。『FcInterNews』がその様子を伝えている。 ――自身の成長について 「子供の頃、急いで成長しなければいけないと分かっていた。...
タイトルとURLをコピーしました