ガビゴル、フラメンゴ残留で決着か。クラブ間で合意へ…その条件は?

インテル

 インテルからフラメンゴにレンタルで加入していたFWガブリエウ・バルボサは、このままフラメンゴに残る可能性が高まっている。ジャンルカ・ディ・マルツィオ記者が自身のサイトで伝えた。

 ガビゴルはすでにフラメンゴと契約面で合意に達しているが、クラブ間での合意がまだと言われている。そんな中、フラメンゴは移籍金1700万ユーロに加え、将来同選手を放出した際の売却益の20%を上乗せするという条件を提示。これでインテルが納得する見通しで、数日中に決着がつくとみられている。

 2016年にインテルに加入したガビゴルは、その後ベンフィカへのレンタルも経験したが、ヨーロッパには馴染めなかった。それでも母国へのレンタルで復活を遂げ、再び期待を高めている。

 それでもインテルでは構想外となっており、この冬に高額で売却することを目指していた。

マロッタ、ガビゴル復帰に否定的「プロジェクトに入るのは難しい」
 インテルのベッペ・マロッタCEOが、スラビア・プラハ戦を前に『スカイ』でコメントを残した。  今夏の移籍市場でニコロ・バレッラとステファノ・センシを獲得したことを称賛すると、マロッタCEOはこう答えている。 「シーズン...
タイトルとURLをコピーしました