バルベルデ「インテルは突破に値するチーム。ナーバスになりすぎた」【インテル対バルセロナ】

インテル

 インテルは10日、チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節でバルセロナをホームに迎え、1-2で敗れた。バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が、『スカイ』にコメントを残している。

【インテル対バルセロナ】決勝T進出ならず…【選手採点・コメントetc.】
インテル 1-2 バルセロナ 【CLグループF最終節@サン・シーロ】 23分 0-1 ペレス(バルセロナ) 44分 1-1 ルカク(インテル) 86分 1-2 ファティ(バルセロナ) ▼先発メンバー ▼採点(『FcInt...

「前半の彼らはプレッシャーをかけてきた。そのあと、我々はうまくボールを動かすことができたね。後半については、彼らが少しナーバスになっていた。グループステージを突破するためのゴールがなかなか決まらなかったからだ。最終的に我々がゴールを決めて勝ったということだね」

「順位は妥当か? インテルはグループステージを突破するレベルにあると思う。ゴールが決まらないことでナーバスになりすぎてしまったね」

タイトルとURLをコピーしました