インテル、デ・パウルへの関心は継続。ウディネーゼ対SPALのお目当ては…

インテル

 インテルはウディネーゼMFロドリゴ・デ・パウルの獲得に興味を持ち続けている。『コッリエレ・デッロ・スポルト』が11日に伝えた。

 デ・パウルに対するインテルの関心は、これまでに何度も報じられている。ただ、最近では他の候補者の名前も挙がった。デ・パウルは今シーズンに入ってからウディネーゼとの契約を延長しており、獲得はより難しくなっている。インテルの中盤補強のターゲットは気になるところだ。

 それでも、セリエA第12節のウディネーゼ対SPALの一戦にインテルのスカウトがいたと記事は伝えており、デ・パウルへの興味は失われてない様子とのことだ。

 ただ、インテルのターゲットはほかにもいた模様。ロランド・マンドラゴラ(ウディネーゼ)やアンドレア・ペターニャ(SPAL)についてもチェックしていたとみられている。