ミスを認めるゴディン「ハイレベルな相手には高くつく」【ドルトムント対インテル】

インテル

 インテルは5日、チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節でボルシア・ドルトムントと対戦し、敵地で2-3と敗れた。ディエゴ・ゴディンが試合後、『インテルTV』にコメントを残している。『FcInterNews』が伝えた。

【ドルトムント対インテル】インテル、決勝Tから大きく後退。大一番ドルトムント戦は2点リードから逆転負け【選手採点・コメントetc.】
ドルトムント 3-2 インテル 【チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節@BVBシュタディオン】 5分 0-1 ラウタロ(インテル) 40分 0-2 ベシーノ(インテル) 51分 1-2 ハキミ(ドルトムント) 64分 2-...

 失点に関与したゴディンは、ミスがあったことを認めている。

「僕たちは前半、とても良いプレーをした。相手のハイプレスは大変だったけどね。後半は同じインテンシティで戦おうとしたけど、うまくいかなかった。ボールをすぐ失ってしまって、相手が素早く仕掛けてきたんだ」

「大きなミスがあった。ハイレベルなチームが相手となれば、ミスの代償は高くつくものだ」。