ベシーノ「ひどい敗戦。後半は下がりすぎた」【ドルトムント対インテル】

インテル

インテルは5日、チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節でボルシア・ドルトムントと対戦し、敵地で2-3と敗れた。マティアス・ベシーノが試合後、『スカイ』にコメントを残している。

【ドルトムント対インテル】インテル、決勝Tから大きく後退。大一番ドルトムント戦は2点リードから逆転負け【選手採点・コメントetc.】
ドルトムント 3-2 インテル 【チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節@BVBシュタディオン】 5分 0-1 ラウタロ(インテル) 40分 0-2 ベシーノ(インテル) 51分 1-2 ハキミ(ドルトムント) 64分 2-...

2点リードからの3失点で大事な一戦を落としたインテルは、残り2試合となったグループステージで3位。首位バルセロナと勝ち点4差、2位ドルトムントと同3差という状況だ。

ベシーノは試合後、次のように話している。

「もちろんひどい敗戦だ。2点リードしていたのだからね。後半の僕たちは下がりすぎた。それでこうなってしまったんだ」

――フィジカルが落ちた?
「後半はボールが持てず、自陣でのプレーが長くなった。相手は強いチームだ。1点目を奪ってより勇敢に前に出てきた」

――まだ希望はある?
「ああ、僕たちにはあと2試合ある。最後まで戦うよ」

――ベシーノは戻ってきたのか?
「僕は良いスタートを切れなかった。残念がるのはまず自分だね。いつもベストなプレーを目指している。全て良くなっていくことを願っている」。