コンテ、過密日程を再強調「選手たちのスピリッチに感謝」【セリエA第10節】

インテル

 インテルは29日、セリエA第10節ブレッシア戦で2-1の勝利を収めた。アントニオ・コンテ監督が『スカイ』にコメントを残した。

【ブレッシア対インテル】LULAコンビがそろい踏み、インテルが暫定首位に【選手採点・コメントetc.】
ブレッシア 1-2 インテル 【セリエA第10節@マリオ・リガモンティ】 23分 0-1 ラウタロ(インテル) 63分 0-2 ルカク(インテル) 76分 1-2 オウンゴール(ブレッシア) ▼先発メンバー ▼採点(『F...

「個人的には、試合について話すのは難しい。9日間で4試合だ。同じメンバーで戦っている。その中で勝ち点3を得た。あとは皆さんでなんとでも言える。ただ、それに私は興味がない」

「選手たちは信じられないほど苦しんでおり、今日は本当によくやった。選手たちに言えることはほとんど何もない。とにかく示してくれたスピリットに感謝しよう。次はボローニャ戦だ。それからドルトムント、ヴェローナと続く。20日で7試合だね。とても奇妙なことに感じるよ」

「特定の試合では、勝つことに苦しみが伴うことがある。そういった試合でうまくやらないといけない。9日間で4試合、ブレッシアに来て、勝った。それで良いんだ。試合に向けてもっと準備したいというのは当たり前だ。ボローニャは今日、最終ラインを5人に変えてきた。見事だったよ。コリーニは良くやっているし、彼の幸運を祈っている。彼は私の仲間だったときから素晴らしい男だったからね」。

「2人のアタッカーは、互いの動きを理解しなければいけない。そうやってスペースを見つけていく。彼らはとても良くやっているね。まだ向上できる。チームのために頑張っているよ。ほかに選択肢があることは大事だ」

「我々にはエスポジトがいて、素晴らしい将来性がある。ただ、ラウタロとルカクはどの試合でも一緒にやってきた。9日で4試合もあれば、リスクが生じるのは当然だ。それが問題になるかもしれない。私の心配はどんな監督も持つだろう。ケガのリスクはすぐそこにあったとしても、それも旅の一部だ。それは6月の時点で分かっていなかったことだね」。

タイトルとURLをコピーしました