エスポジト兄、弟のセリエAデビューの日にセリエB初得点「ゾクゾクする」

インテル

U-20イタリア代表のMFサルヴァトーレ・エスポジトは26日、所属するキエーヴォでセリエB初ゴールを決めた。同選手が弟であるインテルのFWセバスティアーノ・エスポジトにエールを送っている。

【インテル対パルマ】インテル、ユヴェントスつまずきいかせず…。また複数失点でパルマとドロー【セリエA第9節】
インテル 2-2 パルマ 【セリエA第9節@サン・シーロ】 23分 1-0 カンドレーヴァ(インテル) 26分 1-1 カラモ(パルマ) 30分 1-2 ジェルビーニョ(パルマ) 51分 2-2 ルカク(インテル) ▼先発メ...

SPALからキエーヴォにレンタル中のサルヴァトーレ・エスポジトは、この日行われたコゼンツァ戦で自身セリエB初得点を記録している。この試合のあとには、弟セバスティアーノがサン・シーロでセリエAデビューを飾るかもしれないと言われている状況で、より注目を集めていた。

セバスティアーノはミッドウィークにチャンピオンズリーグデビューを果たしており、エスポジト・ファミリーにとっては特別な一週間となっている。サルヴァトーレは試合後、『DAZNイタリア』で「弟がサン・シーロでプレーするところを見るのは感動的だ。ゾクゾクするよ」とコメント。「僕たちはこれを続けていくことが大切だね」と語っている。

サルヴァトーレもインテルの下部組織出身だが、2018年にSPALへ移った。そこからレンタルされている形だが、「自分の年(19歳)でプレーできていることを幸運に思っている。キエーヴォと監督に感謝しないとね」と述べ、自分の環境に不満はないことを強調した。

タイトルとURLをコピーしました