PK失敗を語るラウタロ「別の方向に蹴ろうとしていたけど…」

インテル

インテルは23日に行われたチャンピオンズリーグ・グループF第3節ボルシア・ドルトムント戦に2-0で勝利した。『スカイ』のインタビューに応じたFWラウタロ・マルティネスが終盤のPK失敗を振り返っている。

2点差として勝負を決めるチャンスとなった終盤のPKをGKに止められたラウタロ。このシーンについて同選手は「本当は別の方向に蹴ろうと思っていた。でも直前に変えたんだ」と明かした。「カンドレーヴァがそのあとに決めてくれて良かったよ」と安堵している。

試合については「バルセロナに負けたあとでのこの結果だから大きい。良い試合ができた。チャンピオンズリーグというビッグゲームで勝利を取り戻す必要があったんだ。僕たちが望んでいたとおりになった。個人的にもすごくうれしいよ。一番大事なのは、チームの助けになっていることだ。これからも成長していかないとね」と語った。

【関連ニュース】

●【インテル対ドルトムント】インテル初白星で望みをつなぐ【選手採点etc.】

【インテル対ドルトムント】インテル初白星で望みをつなぐ【選手採点・コメントetc.】
インテル 2-0 ボルシア・ドルトムント 【CLグループF第3節@サン・シーロ】 22分 1-0 ラウタロ(インテル) 89分 2-0 カンドレーヴァ(インテル) ▼先発メンバー ▼採点(『FcInterNews』) G...
タイトルとURLをコピーしました