バレッラ「ウディネーゼ戦で学んだ」。カンドレーヴァの警告は「コンテでも脱いじゃう」

インテル

インテルは23日に行われたチャンピオンズリーグ・グループF第3節ボルシア・ドルトムント戦に2-0で勝利した。MFニコロ・バレッラが『スカイ』で試合を振り返っている。

「僕たちはずっとコンパクトに戦えた。だから勝てたんだ。それは監督が求めたことだよ」

「このチームはよく良い試合をする。ただ、しっかり終えないと、いつだってリスクがあるものだ。バルセロナ戦みたいにね。今夜は僕たちの功績だよ。PK失敗のあともね」

「ウディネーゼ戦で(前半に)警告をもらって45分で交代になって、それから注意するようになった。監督は僕をサポートしてくれている。こういった状況にも対処できるようになってうれしく思う」

「(カンドレーヴァがユニフォームを脱いで警告を受けたが…)コンテも脱いじゃうじゃないかな(笑)。もちろんこういった細かいところも注意は必要だね。僕たちは長い道を進んでいて、ミスから学ぶこともある。そして、僕たちには聖サミルがグローブをつけていつだってそこにいる。ただ、僕たちはほとんど苦しんでいない。頭は次の試合に向かっているよ」。

【関連ニュース】

●【インテル対ドルトムント】インテル初白星で望みをつなぐ【選手採点etc.】

【インテル対ドルトムント】インテル初白星で望みをつなぐ【選手採点・コメントetc.】
インテル 2-0 ボルシア・ドルトムント 【CLグループF第3節@サン・シーロ】 22分 1-0 ラウタロ(インテル) 89分 2-0 カンドレーヴァ(インテル) ▼先発メンバー ▼採点(『FcInterNews』) G...
タイトルとURLをコピーしました