ジェノア、新監督はチアゴ・モッタでほぼ決まり

インテル

ジェノアの監督交代がまもなく決定する見通しだ。21日に『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

ジェノアはインターナショナルブレーク中にアウレリオ・アンドレアッツォーリ監督の続投を決めた。しかし、リスタートとなった20日のパルマ戦で1-5の大敗を喫し、監督交代に動くことが決まっている。

まだ公式な発表には至っていないが、イタリア各メディアはアンドレアッツォーリ監督の解任が確実だと報道。さらに、エンリコ・プレツィオージ会長とチアゴ・モッタの会談が「非常にポジティブ」だったと伝えられており、「契約書へのサインを残すのみ」という状況だとされている。

ブラジル出身で元イタリア代表のチアゴ・モッタは、パリ・サンジェルマンのU-19チームを指揮していた。ジェノアには2008/09シーズンに所属している。トップチームを率いるのは今回が初めてだ。