インテル、4得点快勝で白星発進。新戦力も躍動【セリエA第1節】

インテル

インテル 4-0 レッチェ
【セリエA第1節@サン・シーロ】

21分 1-0 ブロゾビッチ
24分 2-0 センシ
60分 3-0 ルカク
84分 4-0 カンドレーヴァ

▼先発メンバー

▼採点(『FcInterNews』)

GK
ハンダノビッチ 6
DF
ダンブロージオ 6.5
ラノッキア 6
シュクリニアル 6
MF
カンドレーヴァ 7
ベシーノ 6
(→66分 バレッラ 6)
ブロゾビッチ 7.5
センシ 7
(→73分 ガリアルディーニ 6)
アサモア 6.5
FW
ルカク 6.5
ラウタロ 6
(→78分 ポリターノ 6)

▼採点(イタリア3紙)

GdSCdSTS
ハンダノビッチ66.56
ダンブロージオ66.56
ラノッキア666.5
シュクリニアル6.56.56.5
カンドレーヴァ7.57.57.5
ベシーノ6.55.56
→66分 バレッラ666
ブロゾビッチ7.577
センシ7.577.5
→73分 ガリアルディーニ66-
アサモア776.5
ルカク777
ラウタロ666.5
→78分 ポリターノ66-

▼コメント

アントニオ・コンテ(『ガゼッタ』)

「まずは適切なインテンシティと意欲を見せてもらった。2-0になり、最初の素晴らしい30分のあとは気に入らなかったね。リラックスしすぎだ。インテンシティを失った。もっと向上しなければいけない」

「ルカクは謙虚な気持ちをもってインテルの世界に入った。仲間のために一緒にやることができる。ただ、今はカリアリ戦だ。アウェーゲームは複雑なもの。きらめく瞬間はあった。ただ、これをダイナマイトに変えていかなければいけない」

アントニオ・カンドレーヴァ(『ガゼッタ』)

「昨季は1年間を無駄にした。取り戻していきたい」

「コンテはどの選手にとっても正しい監督だ。ゴールを決めたことはうれしい。ただ、それよりも勝ったことだね。僕たちは望んでいたとおりにプレーできたよ」

ステファノ・センシ(『FcInterNews』)

「ゴールを決めたこと、ティフォージの前でデビューしたこと、もちろん最高だよ。自分たちのティフォージの前で勝ったことが何より大事だ。すごく多かったね。すごく良い試合ができたと思う。最初の30分はインテンシティが高かった。その後は少し落ちてしまったけどね。もっと向上しなければいけない。そのために毎週練習を重ねているんだ。とにかく練習を重ねることだね」

「(ブロゾビッチとの頻繁なポジション変更は)監督に求められていることだ。僕の特長的には、そういったこともできるからね。ブロゾビッチとは良い感じだ。僕たちがボールを動かすことでサイドが上がれるね」

タイトルとURLをコピーしました