ダウベルトへの関心を認めるリヨン会長

インテル

 リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長が、インテルDFダウベルトへの関心を認めた。フランス『RMC』に対するコメントを『トゥットメルカートウェブ』が伝えている。

 ダウベルト獲得の噂についてオラス会長は「我々は、4年目のEU圏外選手を選ばなければいけない。関心は持っている。ただ、ブラジル人全員を受け入れることはできない」と語り、興味があるものの獲得に踏み切るかはまだ決めていない様子だ。

タイトルとURLをコピーしました