グアリンがイタリア復帰? CL出場のアタランタが関心か

インテル

 かつてインテルでプレーしたMFフレディ・グアリンが、イタリアに戻ってくるかもしれない。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がアタランタ加入の可能性を伝えた。

 2016年から上海申花に所属しているグアリンは、2019/20シーズンのチャンピオンズリーグに出場するアタランタからコンタクトを受けた。まだ交渉は初期の段階だが、グアリン側は扉を閉ざしていない。

 アタランタとしてはまず、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督がグアリンを必要とするかを確認しなければいけない。指揮官のOKが出たら、次は条件面の調整だ。グアリンは中国で1000万ユーロ近い年俸を受け取っている。もちろん、アタランタに同等の契約をオファーすることはできないが、選手側がどこまで受け入れるかが重要となりそうだ。

 記事によると、グアリンはイタリアに戻ることを前向きに考えている。特にかつて過ごしたミラノには愛着があり、ミラノから近いアタランタへ行くことは選手を喜ばせるかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました