インテルでタイトルなしのミランダ「土台をつくれたことは誇り」

現在のチームを称える元ブラジル代表DF

2015年から2019年にかけてインテルでプレーした元ブラジル代表のジョアン・ミランダが『Gianlucadimarzio.com』にコメントを残した。

近年のインテルはタイトルを手にしているが、ミランダはインテルでトロフィーを手にすることができなかった。それでも、インテルで過ごした時期に胸を張っており、次のように話している。

「僕は全て出した自負がある。インテルのチャンピオンズリーグ出場権獲得の力になったはずだ。僕がいた時期のインテルがベースになって、その後の飛躍につながったと思っているよ。その旅の始まりに自分がいたことを誇りに思う。もちろん、インテルみたいな偉大なクラブに4年間いてタイトルなしというのは悲しいけど、トロフィーを手にするためには、その前の成長が大事だ。そのインテルの種を蒔くのを手伝ったと思っている」

現在のインテルでは、特にアレッサンドロ・バストーニを称えた。

「アレッサンドロはすごく気に入っている。僕がいたときはまだまだこどもだったけど、当時からクオリティが高かったし、スピードも強さもあった。足もともうまいしね。僕はバストーニの大ファンさ。彼がボールを蹴る姿はエレガントで、みていてとても楽しいよ」

インテル全体も高く評価している。

「僕的に、インテルはトップレベルのチームだね。アトレティコ・マドリー戦はちょっと運がなかった。次のシーズンはタレミジエリンスキの加入でもっと競争力が上がるだろう。またカンピオナートで優勝できるかもしれないけど、僕としてはチャンピオンズリーグで優勝してほしい。インテルは優勝を目標にしなければいけないチームだ。運も必要な大会だけど、10回のカンピオナート優勝以上に1回のチャンピオンズリーグ優勝だ。どれも優勝は簡単じゃないけど、チャンピオンズリーグはやっぱりトップだよ」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!