インテル、エリクセン獲得に本気?

インテル

 インテルがトッテナムMFクリスティアン・エリクセンの獲得に乗り出した。6日、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。

 エリクセンは5日、トッテナムを離れて新たな挑戦をしたいという意志を明確にした。同選手には以前からレアル・マドリー行きの噂があるものの、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』はインテルが割って入ると主張している。

 トッテナムとエリクセンの契約は2020年まで。選手に契約延長の意向がないのであれば、今夏の移籍がほぼ確実だ。

 エリクセンは、アントニオ・コンテ監督らが満場一致でチームに加えたいクオリティーの選手として挙がっており、たとえ困難だとしても挑戦する価値はあるとみている。

 残り契約期間を考えると、エリクセンの移籍金は6000~7000万ユーロ。ビッグネームの獲得を実現させられるだろうか。