インテル、ディマルコとムヒタリャンの契約延長が迫る。ドゥンフリースはまだギャップあり

次のシュクリニアルを出したくないインテル

インテルは、フェデリコ・ディマルコとヘンリク・ムヒタリャンの契約延長が近づいているようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、まもなく完了すると確信している。

ディマルコについては、2028年までの契約延長で話が進行中。現在の契約が年俸220万ユーロで、およそ2倍になるという。2024/25シーズンは年俸400万ユーロほどで、シーズンごとに上昇していく形。契約解除条項は設定されていないようだ。

今季で契約満了となるムヒタリャンについては、新たに1年の契約延長が打診されている。年俸は390万ユーロで維持。ただし、事前に設定された出場試合数の達成で契約延長オプションが発動する。その上で2025年夏にクラブが放出を決めた場合は、一定の退職金が支払われる条件のようだ。

ムヒタリャンの代理人であるラファエラ・ピメンタは、来週直接インテルと会談予定で、ここで大きな進展があるものと予想されている。

デンゼル・ドゥンフリースはまだ

また、デンゼル・ドゥンフリースについては、もう少し時間が必要とのこと。2025年に契約満了となるオランダ代表ウインガーに対して、インテルはディマルコと同じ400万ユーロでオファーをしているが、ドゥンフリース側は500万ユーロ超を希望しているという。

インテルとドゥンフリース側は、2024年に改めて交渉することにしたが、シーズン終了までにこの差が埋まらないようであれば、契約最終年に突入してしまうため、夏のメルカートで手放す選択肢も出てくると記事は伝えている。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
SwG Basic の例
広告