全クラブ冬のメルカートまとめ

「ユヴェントスはライバルだが、一騎打ちではない」。マロッタが考えるインテルの強さは?

ナポリも下した首位インテル

4日にグラン・ガラ・デル・カルチョの授賞式に出席したインテルのジュゼッペ・マロッタCEOが、『スカイ』にコメントを残した。

●CL再開! ELも! WOWOW加入はこちら[PR]

インテルはセリエAで敵なしなのか

「成熟度と自己認識という意味で、素晴らしいレベルに達したと言えるだろう。我々に立ちはだかる的に真っ向から挑むことができる。若手と経験豊富な選手がミックスされており、これから出てくる若者もいる。シーズンの終わりまで、主役の座を演じられるだろう」

強さの秘訣

「非常に謙虚な勝者のモデルをピッチの内外で実践している。全員が幅広い責任感を持ち、そのベースとして強いチームをつくるという共通認識を持っている。完全な結束力が特長で、共通の目標はサッカークラブにおいて絶対的に必要なものだ」

スクデットレース

「現時点で、ユヴェントスは我々のライバルだと考えている。彼らはミッドウィークの試合がなく計画的にやれるというアドバンテージがあるね。彼らはベストを尽くしている監督もついているね」

「とはいえ、一騎打ちというには早すぎる。まだそういう段階ではないだろう。ミラン、ローマ、ナポリ、アタランタも、これから勝ち点を取り戻すことができる」

「結果に加えてパフォーマンスも充実していることは、我々にとって自信につながることだ」

[PR]
シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!