アルナウトビッチもドッピエッタ。インテル勢がEURO予選で活躍

オーストリア代表がスウェーデン代表を下す

12日に行われたEURO2024予選グループFでは、スウェーデン代表対オーストリア代表の試合が行われた。この一戦では、インテルのマルコ・アルナウトビッチが2得点を決めている。

敵地でスウェーデンと対戦したオーストリアは、53分に先制すると、その3分後にアルナウトビッチが追加点。右サイドからのクロスをDFがクリアしきれず、マルセル・ザビッツァーがつないだボールを左足で押し込んだ。

アルナウトビッチは69分のPKも決めて3-0としたところで、72分にお役御免で交代となっている。

グループFはベルギーとオーストリアが4勝1分けで首位争いを繰り広げている。これに次ぐのが2勝3敗のスウェーデンという状況だ。

ホルムが代表初ゴール

スウェーデンは終盤に1点を返した。結果には特に影響のない90分のゴールだが、決めたのはアタランタのエミル・ホルム。こちらは代表初ゴールとなっている。デヤン・クルゼフスキのクロスをダイレクトでとらえ、ペナルティーアークからゴール左隅に決めた見事な得点だった。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!