インテル、トルビンの値段は全然違う? シャフタールは3500万ユーロ要求か

ウクライナメディアが伝える

インテルはシャフタール・ドネツクのGKアナトリー・トルビンを狙っているが、ウクライナではあり得ない話と捉えられているのかもしれない。ウクライナ『Sport.ua』の報道を『FcInterNews』が取り上げている。

アンドレ・オナナの放出が迫っているインテル。後釜はトルビンとバイエルン・ミュンヘンのヤン・ゾマーで濃厚とみられている。

インテルは2人合わせて2000万ユーロ程度で獲得すると伝えられてきた。だが、ウクライナメディアによると、シャフタールの設定額は3500万ユーロ。これが事実であれば、もちろんインテルは撤退せざるを得ないだろう。

シャフタールとトルビンの契約は残り1年。有望な若手とはいえ、そこまで高額な移籍金にはならないというのが周囲の見方だ。ただ、シャフタールのダリヨ・スルナSDは安値で手放すつもりはないと話していただけに、簡単な交渉ではないかもしれない。

インテルは将来の売却益の一部を約束する形でシャフタールと話をつけたい考えだとみられている。それでも交渉がまとまらない場合は、アタランタのマルコ・カルネセッキを狙うのではないかと言われているところだ。

●インテル23/24移籍まとめ:獲得放出確定情報、予想フォーメーションなど
●インテル2022/23レンタル選手まとめ:若手が飛躍、伸び悩んだ選手も
●インテル関連記事はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!