W杯の合間に便利なロンTを…

インテル、ユヴェントスとベンセバイニ争奪戦。リードしているポイントは?

目次

1月のメルカートで狙う

インテルは、ボルシア・メンヒェングラッドバッハのラミ・ベンセバイニ獲得を諦めていないようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が29日に伝えた。

ドイツ『Bild』は先日、ユヴェントスがベンセバイニの獲得に乗り出していると報じた。『ガゼッタ』によると、ユヴェントスの関心も確かだが、争奪戦をリードしているのはインテルだという。

インテルはロビン・ゴセンスの獲得前からベンセバイニに興味を持っていたことが伝えられている。ベンセバイニは今季でボルシア・メンヒェングラッドバッハとの契約が満了予定で、以前から同選手に関心があったインテルがこの機会を見逃すことはないと記事は伝えた。

インテルとユヴェントスは、1年後にフリーになるのを待つのではなく、冬に安値でボルシア・メンヒェングラッドバッハとの交渉をまとめることを狙っている。移籍金は500万〜800万ユーロ程度になるようだ。

インテルがリードしている理由

『ガゼッタ』は、EU圏外枠について指摘。ユヴェントスに現時点で空きがないのに対し、インテルはすぐに利用できる枠がある。

また、高額選手になればユヴェントスに分があるものの、ベンセバイニの年俸は現在220万ユーロとされており、多少の上昇があったとしても、現在のインテルでも手が届く範囲だとみられている。

●インテル関連記事はこちら
●オリジナル・アパレルもやってます!

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次