W杯の合間に便利なロンTを…

インテルにレアル・マドリーFWの代理人がアプローチか

目次

マリアーノ・ディアスが選択肢に

インテルがレアル・マドリーのFWマリアーノ・ディアス獲得の可能性を検討するかもしれない。『FcInterNews』が伝えた。

未来が不透明なインテルではあるが、引き続き低コストに努めていかなければいけないことは確かで、安く獲得できる選手を探している。そこで浮上しているのがマリアーノだという。

マリアーノはレアル・マドリーとの契約が今季まで。代理人がすでに動き出しており、インテルの立ち位置を知った上でアプローチしてきたとのことだ。

ただ、現時点でインテルは真剣に検討する段階に入っていない。エディン・ジェコが契約満了の見込みだが、それでも移籍市場は流動的なもので、まだ状況を見極める必要があると考えているようだ。

●インテル関連記事はこちら
●オリジナル・アパレルもやってます!

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次