W杯の合間に便利なロンTを…

インザーギ監督「全員が必要と分かってもらえた」

【写真】Marco Iacobucci Epp / Shutterstock.com

目次

過密日程をメンバー変更で乗り切るインテル

インテルは13日のチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節でビクトリア・プルゼニと対戦し、敵地で2-0の勝利を収めた。シモーネ・インザーギ監督が試合後、記者会見や『スカイ』でコメントを残している。

インテルは第1節でバイエルン・ミュンヘンに完敗していたが、第2節でプルゼニで勝ち点3を手にした。これでトリノ戦から2連勝。悪い流れから立ち直りつつある。

●MOMのブロゾビッチ「勝利はいつも後押し」
●デビューのアチェルビ「インテルにすぐに馴染めた」
●スタメン・ムヒタリャン「みんな同じ目標に向かっている」
●インテル関連記事はこちら
●オリジナル・アパレルもやってます!

インザーギ監督が試合を振り返った。

ビクトリア・プルゼニ戦

「選手たちはようやった。プルゼニで勝ったイタリアのチームはこれまでにないと聞いていたが、うまくやれたね」

「コンパクトに整っていた。何がしたいのかが明白だった。難しい時間帯もあったが、危ない場面は少なく、よく対応できたと思う」

「油断できない相手だったから勝ててうれしい。チームは集中していた。ロッカーでみんなを称えたよ」

ターンオーバー

「6日間で3試合目だった。厳しいスケジュールの中でチームは成長し、個人レベルでも良くなっている。20人のフィールドプレーヤーと3人のGK、全員が必要だ」

エディン・ジェコ

「エディンは良かったね。ただ、それはみんな同じで、私はDFもMFもFWも全員必要だ。中断明けにはルカクが戻ってくる。私はその中から選ぶことになるだろう」

フランチェスコ・アチェルビ

「とても良かった。デビュー戦で簡単ではないはずだったけどね。私は彼をよく知っている。我々の力になってくれるよ。この8試合で、私が全員を必要としており、みんなが参加しているということを理解できたと思う。たくさん試合があり、全員でいきたい」

次節はウディネーゼ戦

「10日間で4つめの試合ということになる。短時間でどの形がベストなのかを把握しなければいけない」

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次