5/20 アパレル第2弾!

ディバラに対するインテルのオファーは? ユヴェントスより長期で打診か

目次

ユーヴェと“冷戦” インテルは可能性探る

ユヴェントスのパウロ・ディバラは、どのような未来を選ぶのだろうか。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は17日、ユヴェントスとインテルの条件を伝えている。

『ガゼッタ』は、ディバラとユヴェントスとの間で冷戦が始まっていると主張。今後について懐疑的にみている。

ユヴェントスは現在、ディバラに3年+オプション1年の4年契約を用意している。年俸はもともとかなり高額なところから交渉が始まったものの、コロナ禍ということもあって減額。昨年10月に800万ユーロ+200万ユーロで決着がついたはずだった。しかし、ユヴェントスはさらに再考し、現状維持の730万ユーロまで下げたい意向と言われている。

[affi id=11]

この姿勢にディバラが怒り、この冷戦に突入したようだ。

一方でインテルは、ユヴェントスを上回る750万ユーロの5年契約を提示するとして、ディバラ側にコンタクトを取ったと記事は伝えた。

『ガゼッタ』は、ジュゼッペ・マロッタCEOの前日のコメントを紹介。現在の前線に満足しているという言葉も残していたが、「ディバラ級の選手が契約満了に近づけば、我々のようなクラブからのアプローチが伝えられているのは当然」と話した部分を強調し、獲得の意思を否定しなかったとしている。

●ディバラについて語るマロッタCEO

[affi id=12]

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる