5/20 アパレル第2弾!

ミラン対ローマは開催へ ユヴェントス対ナポリは依然として微妙

目次

インテルはダッラーラに

6日にセリエA第20節が行われる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で複数の試合が開催されていない。今後、さらに開催できない試合が増える可能性もある。

5日の時点で事実上開催不可となったのは、アタランタ対トリノフィオレンティーナ対ウディネーゼサレルニターナ対ヴェネツィアボローニャ対インテルの4カード。レーガは最低1人のGKを含む13人以上がプレー可能であればピッチに立たなければいけないとしているが、保健局が移動に制限をかけるなどしているため、試合会場までたどり着くができない。このルールに従うと、試合に到着できなかったチームが0-3の敗戦扱いとなる

実際、日本時間20時30分キックオフのボローニャ対インテルもプレーはしていないが、正式な手順を踏んでいる。『スカイ』によると、丁寧に試合前のアンチドーピング検査は行われたとのことだ。

ユヴェントス対ナポリ

ユヴェントス対ナポリは、ナポリの保健局がチームの移動を許可したため、隔離対象の人物を除いてトリノに移動している。ただ、開催されるかはまだ分からない。今度はトリノの保健局がナポリのプレーを認めない可能性があるとのことだ。

ナポリは6日、前日夜に行われた検査の結果、新たにスタッフ1名が陽性反応だったと発表。このスタッフはすぐに隔離となっているが、これを受けてどのような判断が出るかは分からない。『TMW』は開催されない可能性が徐々に高まっているとした。

ミラン対ローマ

ミランは前日夜、新たに3選手が陽性になったことを発表。そのため、状況は複雑だったが、試合当日の検査では新たな陽性者が出なかったとのことで、こちらは予定どおり開催できる見通しだ。

あわせて読みたい
インテル戦など4試合開催不可、ミランも状況悪化 【新型コロナウイルスが再び猛威】 1月6日に再開するセリエAだが、新型コロナウイルスの感染再拡大でつまずくことになった。 再び感染の拡大が報告されている新型コロナ...

[affi id=12]

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる