5/20 アパレル第2弾!

ラウタロは回復、デ・フライは微妙 インザーギ「代役の活躍は誇り」

目次

レアル・マドリー戦に燃えるインテル指揮官

インテルのシモーネ・インザーギ監督が6日、レアル・マドリー戦の前日会見に臨んだ。

インテルは第5節で上位2チームに入ることが確定。首位レアル・マドリーとの一戦は、1位通過の座を懸けた戦いになる。

サン・シーロでの試合は、好ゲームをしながらも0-1で敗れたインテル。インザーギ監督はベルナベウでの第2戦に向けて、次のように語った。

「サン・シーロのときよりも良いプレーをしなければいけない。良い試合ができたが、それでは十分じゃなかった。もっと何かをしないとね」

シーズン序盤は特に守備に問題があったインテルだが、今はかなり向上している。

「お互いをよりよく知ったことがあるだろう。最初からチームは良いプレーをしていたと思うけどね。その一つがレアル・マドリーとのファーストレグだ。それが自分たちに自信を与えたかもしれない」

インテルは多くの負傷者を抱えている。

「ラノッキア、ダルミアン、サトリアーノ、コレアは不在になる。コレアはとても良くなっていただけに残念だ。大きな損失だね。ただ、それを埋めるように、ラウタロの状態は問題ない。デ・フライとコラロフについては、この会見のあとの練習でチェックするよ」

インテルは代わって入った選手たちが活躍している。

「監督にとって誇らしいことだ。差はあるにしても、みんながプレーしている。普段出番が少ない少ない選手が先発で出てマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍をするのは誇らしいよ。とてもプロフェッショナルなことができているね」

[affi id=1]

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる