5/20 アパレル第2弾!

ラウタロの不振を気にしないインザーギ

目次

「私も兄も、そういう時期があった」

「FWにはこういう時期があるものだ。私もそうだったし、兄もそういう時期があったね。インモービレはそういうのがほとんどなかった」

「いずれにしても、ラウタロは100%プロジェクトの中にいる。私の考えだが、チャンスがないときにストライカーは心配する必要があるが、チャンスはある。自分のポテンシャルを信じて取り組み続けることが大事だね」

「(PKキッカーは)誰がピッチに立つか次第だ。候補はラウタロ、チャルハノール、ペリシッチだ。ラウタロは練習でいつもうまく決めている。ミラン戦はタタルシャヌが見事だったね」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が20日、ナポリ戦の前日会見に臨んだ。その中で、最近の調子を落としている様子のラウタロ・マルティネスについて触れている。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる