5/20 アパレル第2弾!

ドッピエッタのホアキン・コレアに高評価「これで一貫性があったら…」 ますます強力になるインテル前線

インテルは10月31日にセリエA第11節でウディネーゼと対戦し、2-0で勝利を収めた。ドッピエッタのホアキン・コレアが高い評価を受けている。

[affi id=8]
●コレア「だいぶ元の状態まで戻ってきた」

コレアは今年夏、シモーネ・インザーギ監督に引き抜かれる形でラツィオからインテルにやってきた。第2節エラス・ヴェローナ戦でいきなり2ゴールの活躍を見せたものの、その後は負傷離脱の時期もあって苦しみ、インパクトを残せていない。

ウディネーゼ戦では先発出場を果たしたが、途中までは沈黙を続けた。

それでも60分に見事なドリブル突破から先制点を奪うと、その8分後には2点目を決め、短い時間で爆発力を見せた。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、「8」を付けてマン・オブ・ザ・マッチに選出。「1時間は寝ていたが、交代になりかけたところでフェノーメノの潜在能力を見せた。技術、スピード、パーソナリティを兼ね備えた素晴らしい2ゴールを決めた。一貫性があったらどうなるんだ?」と記している。

また、『コッリエレ・デッロ・スポルト』も」「8」の採点でマン・オブ・ザ・マッチだった。

『ガゼッタ』はマッチレポートで「コレアはシモーネの最後の宝石」とし、攻撃陣全員が目を覚ましたインテルは、これまで以上に強力になるだろうとみている。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる