コレアを挑発したルイス・フェリペに最低点「許しがたい行為」と『ガゼッタ』【ラツィオ対インテル】

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

16日に行われたセリエA第8節のラツィオ対インテルは、3-1でラツィオが勝利を収めた。しかし、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は17日、ラツィオのDFルイス・フェリペに最低評価を付けている。

●インテルが初黒星! ラツィオ戦詳細はこちら

ルイス・フェリペは試合終了後にレッドカードを提示された。昨シーズンまで同僚だったホアキン・コレアとハデに揉めたためだ。

同紙は「ジェコに対するパフォーマンスは見事だっただけに残念だ」とした上で、低評価の理由を試合後のジェスチャーとしている。

ルイス・フェリペは試合後、コレアに後ろから抱きついて大喜び。パトリックは自分もふくめて3人が友達であり「なぐさめようと彼のもとへ行った」と話していたが、度を過ぎた挑発にしかみえないことは確か。『ガゼッタ』は「許しがたい行為」と断罪し、「4」を付けている。

●パトリックが試合後に説明

なお、マン・オブ・ザ・マッチはフェリペ・アンデルソンで「7.5」の採点だった。

インテル側では、マルセロ・ブロゾビッチが「7」の高評価で最高点。マッテオ・ダルミアン、ニコロ・バレッラ、イバン・ペリシッチの3人に「6.5」が付いた。最低点はエディン・ジェコで「5」となっている。