インザーギ、論争の2失点目に「あり得ること。我々は集中が切れた」【ラツィオ対インテル】

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

16日のセリエA第8節でインテルはラツィオと対戦し、1-3で敗れた。シモーネ・インザーギ監督が試合後、『DAZNイタリア』でラツィオの2点目に触れた。『TMW』が伝えている。

「2点目は少しおかしな形だった。ただ、審判が笛を吹かないことはあり得る。そして、ボールを外に出さないこともあり得る。そこでこちらが集中を失ってしまい、3失点目になった」