インテル、フィオレンティーナに逆転勝利 疑惑のジャッジで先制許すも後半3得点

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダルミアン、ジェコ、ペリシッチがゴール。ニコ・ゴンサレスは退場

21日に行われたセリエA第5節のフィオレンティーナ対インテルは、3-1でアウェーのインテルが勝利した。

前節6得点のインテルは、鈍い立ち上がり。3連勝中のフィオレンティーナに押し込まれる序盤になると、23分に先制を許した。ハイボールを競ったシュクリニアルはニコ・ゴンサレスにファウルを受けたようにも見えたが、審判の笛はならずにプレーオン。そのまま抜け出したニコ・ゴンサレスのクロスにソッティルが合わせて、ホームチームが先制する。

前半の終盤になると、ややインテルが巻き返す。36分にはラウタロ・マルティネスのドリブルがビラーギの腕に阻まれるが、わずかにペナルティーエリアの外でVARの対象にはならず。インテルはパフォーマンスに加えて、判定にも不満を抱える前半となった。

しかし、後半に入ると、突如インテルが反撃する。52分、バレッラのパスをペナルティーエリア右で受けたダルミアンが右足で決めて同点。55分には、右からのCKにジェコが頭で合わせて逆転に成功した。

その後も苦戦を強いられたインテルだが、79分にフィオレンティーナがトラブル。バストーニのファウルについて執拗に警告を要求したニコ・ゴンサレスにイエローカードが出ると、さらに抗議を続けて2枚目のカードで退場となり、インテルは数的優位を手にした。

すると87分にペリシッチが勝負を決める3点目を奪って安全圏へ。インテルが苦しみながらもフィオレンティーナに勝利した。

試合後コメント

ハイライト動画

Fiorentina 1-3 Inter | Inter beat La Viola to go top of the log | Serie A 2021/22