ラウタロ・マルティネスの契約延長は「細部を詰める段階」 代理人が語る

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

インテルは、ラウタロ・マルティネスとの契約延長が近づいているようだ。『FCInter1908』が、代理人のコメントを伝えた。

インテルとの契約更新が近いと伝えられているラウタロ・マルティネスだが、まだ最終的な決定には至っていない。それでも、取引がまとまる見通しであることは確かなようだ。

ラウタロ・マルティネスの代理人であるアレハンドロ・カマーニョ氏は、「まだ交渉は終わっておらず、インテルと話し合っているところだ。素晴らしい調和のもとにね。まだ決定ではないが、細部を詰める段階だ。ともに進むという意欲は一緒で、ラウタロがインテルでとても幸せに感じていることが重要だね」と述べている。

インテルはマルセロ・ブロゾビッチの契約更新にも取り組んでいるところ。まずはラウタロ・マルティネスの交渉がまとまりそうだ。