5/20 アパレル第2弾!

ヴィエリの本命はインテルだが、ルカクの代役は「いない」ときっぱり。ただし、「ジェコで試みることはできる」

クリスティアン・ヴィエリが2日付『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで様々なテーマについて語った。その中でインテルについても話している。

[affi id=4]

2021-22シーズンの本命は?

「クリスティアーノ・ロナウドが移籍する前だったらユヴェントスが最も強いと言っていたけど、今はインテルだね。年間25~30ゴール決める選手がいなくなったのでは大きい」

インテルはロメル・ルカクを放出した。代わりになる選手はいるのか。

「いない。ただ、ジェコを獲った。彼に同じフィジカルはないし、6歳上だ。でも、技術のあるFWで、すごくクオリティーが高いし、ゴールの決め方を熟知している。チームとしても機能させられる。ルカクの代わりはいないけど、彼でそれを試みることはできる」

ホアキン・コレアの獲得は正しかったのか。

「監督が欲しがった選手を獲得した。それは重要なことじゃない。超重要なことだ。コレアのクオリティーは間違いないね」

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる