インテル、ハキミ後継者の本命と会談。エメルソン・ロヤルの代理人らがオフィスへ

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

インテルがアクラフ・ハキミの後釜探しを続けている。10日には、エメルソン・ロヤルの代理人がクラブのオフィスを訪れた。『スカイ』などが伝えている。

ハキミの後継者の本命とも言われているエメルソン・ロヤル。その代理人であるフレデリク・ペナ氏が、選手の兄弟を連れてインテルのオフィスを訪れた。まだ具体的な話までは出ていないようだが、インテルが候補として挙げているのは確かなようだ。

しかし、ベティスでの2年間で良い経験を積んだエメルソン・ロヤルは簡単に獲得できないかもしれない。買い戻しオプションを行使したバルセロナは、すでに同選手との契約延長に動いていると言われている。2026年までの新契約がまもなく決まるという話もあるだけに、楽観はできない状況だ。