「イブラールカク騒動」で両者に罰金。ミランとインテルにも

インテル

1月のコッパ・イタリアで起きたズラタン・イブラヒモビッチとロメル・ルカクの衝突について、FIGCが処分を確定させた。

ミランとインテルにも罰金

FIGCの罰金処分は、イブラヒモビッチが4000ユーロ、ルカクが3000ユーロ、ミランが2000ユーロ、インテルが1250ユーロという決定。「スポーツマンシップに反する行為」として、双方に処分が下されている。

両クラブは4月1日に声明を出し、この一件における罰金を全額寄付にあてることを発表していた。その金額が確定した形だ。

口論の詳細は

サン・シーロ近くにはアートも