集中維持を誓うハキミ「自分の最高の武器で力になりたい」

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

インテルは21日、セリエA第32節のスペツィア戦に臨み、敵地で1-1と引き分けた。アクラフ・ハキミが試合後、『インテルTV』でコメントを残している。

ハキミはこの試合でも存在感を発揮。イバン・ペリシッチのゴールを演出するクロスを上げるなど活躍した。

今日は不運が多かった。

「そうだね。勝ち点3を持ち帰るためにできる限りのことをした。複雑な試合だったよ。でも、前を向かないとね。次の試合だ」

今日のアナタは立ち止まることがなかった。

「それが僕の持ち味の一つだからね。スピードやサイドでの走りといった、自分の最高の武器でチームの助けになりたい」

シーズン終盤戦。プレッシャーは?

「アドバンテージがあるから、それにより多少リラックスできる。でも、気が散るようなことがあったら絶対にダメだ。僕たちはもうエラス・ヴェローナ戦に気持ちを切り替えるよ」

コンテ監督の試合後の談話