CBで活躍したダルミアン「インテルは自分たちの強さを認識している」

インテル

インテルは7日、セリエAでサッスオーロと対戦し、2-1の勝利を収めた。マッテオ・ダルミアンが試合後、『インテルTV』にコメントを残している。『FcInterNews』が伝えた。

アレッサンドロ・バストーニを出場停止で欠いたインテルは、ダルミアンを代役として起用。そのまま左のセンターバックに入り、安定感のあるプレーを見せた。複数のポジションをこなせるダルミアンだが、センターバックはこれまでになかった役割だ。

「コンテが代表監督のときにかじったことがあるポジションだよ。ベストを尽くすために頑張った。今日はとても大きな勝利だ。苦しみながらも勝つことができたね」

最近のインテルは、苦しい試合でも耐えている。

「そうだね。僕たちはうまく守れた。相手の決定機は多くなかったはずだ。むこうが人数をかけて攻めてくることは分かっていた。だからこそ、こちらが攻めるスペースがあることも想定できた。そのとおりにできたんだ」

「僕たちは自分たちの強さを認識している。10連勝は確かに大きいけど、まだ試合はたくさんあるね。地に足をつけて、集中を保ち、適切な欲求を忘れないことが大事だ。でかいことを達成するには、可能な限り多く勝たなければいけない」

アントニオ・コンテ監督の試合後の談話