イタリア代表でゴールのセンシ「精神的にも肉体的にもアッズーリに呼ばれることは役立った」

インテル

イタリア代表は3月31日にワールドカップ欧州予選でリトアニアと対戦し、2-0の勝利を収めた。ステファノ・センシが久々の得点を喜んでいる。

前半を0-0で終えたアッズーリは、後半の頭からセンシとフェデリコ・キエーザを投入。後半開始から2分後にセンシはゴールを決めている。終盤にチーロ・インモービレが加点したイタリアは、2-0で勝利した。

昨シーズンから負傷離脱を繰り返しているセンシは、今シーズンのインテルで先発出場がわずか1回。2月9日のユヴェントス戦(コッパ・イタリア)を最後にピッチに出ていなかったが、代表で結果を残した形だ。

センシは試合後、『Rai』に対して、「確かに(ゴールは)個人的に大きい。そのためにやってきたし、代表合宿は精神的にも肉体的にも僕に必要だった」とコメント。インテルについても問われると「僕たちには大きな目標がある。代表戦では予選で3勝だ。イタリア代表とインテルのためにとてもうれしい。できるだけ良い結果を残せるように頑張るよ」と述べている。