ダービーの日付を彫ったスケロット「アルバレスに言われて…」

インテル

かつてインテルでプレーしたエセキエル・スケロットが、『Rcrメトロ』でコメントを残した。『FcInterNews』が取り上げている。

スケロットは2013年から2015年にかけてインテルに所属した。今はアルゼンチンのラシン・クラブに所属している。

インテルでのゴールはわずか1つだったが、その唯一の得点はミラノダービーで決めたものだった。彼の腕にはその日の日付のタトゥーが入っている。

スケロットは「インテルでの経験は、それほどうまくいったわけじゃない。でも2013年ノダービーでゴールを決められたね」とコメント。「リッキー・アルバレスに言われたんだ。ダービーでゴールを決めたらタトゥーを入れなきゃってね。で、僕は決めたんだ」と述べている。

スケロットのダービー弾。アシストは長友
INTER-MILAN 1-1 SCHELOTTO