シュクリニアル「結果は不満、内容には手応え」。ゴールを捧げたのは…【ローマ対インテル】

インテル

インテルは10日、セリエA第17節のローマ戦を2-2の引き分けで終えた。ミラン・シュクリニアルが試合後、『DAZNイタリア』と『インテルTV』でコメントを残している。『FcInterNews』が伝えた。

「ゴールはうれしいけど、引き分けはちょっと不満だ。この試合で僕たちはチャンスをつくって良いゲームができたけど、勝ち点3を得ることはできなかった。ローマは良いチームで、ここに来てこういったプレーをするのは簡単じゃない。だから、結果に不満は残るけど、内容に手応えはある。何が良かったのか、何をミスしたのか、ちゃんと分析しないとね」

ハーフタイムに何があったのか

「何もないよ。前半も良いプレーをしていた。1点ビハインドでプレッシャーをかけたかった」

「後半はうまくいっていた。けど、勝てなかったね。ただ、僕的にはマンチーニがゴール前で僕をつかんでいたよ。残念だけど、僕たちにできることはない。勝てるチャンスを逃したことは残念だ」

ゴール後のキスは誰に向けてのもの?

「娘にだよ。(フィットネスコーチのアントニオ・)ピントゥスのところに行ったのは、試合前に僕がゴールを決めるだろうっていう話をしていたからだ」

あなたは夏から何が変わったのか

「いつもしっかり練習していた。ミステルが信頼してくれた。インテルはビッグクラブで、調子が良くない時期がきたら、チームのほかの選手が出るのは当然だね。でも、僕は自信を取り戻せた。それをうれしく思う」