エリクセンは「出番がなければ移籍を希望する」。放出の可能性を認めるマロッタ

インテル

インテルは28日、セリエA第9節サッスオーロ戦で3-0の勝利を収めた。試合前にジュゼッペ・マロッタCEOが『スカイ』にコメントを残している。

クリスティアン・エリクセンがチームにフィットしていないことについて1月のメルカートが役立つかと問われたCEOは、次のように答えている。

「正しくは“機能するか”だ。カルチョの世界には、特定の戦い方において機能しないことが判明することがある」

「今年の1月に我々はメルカートで大きな機会を得た。皆が最高の選手だと言った。ただ、監督がピッチに出すのは11人だ。1月までに出番がなければ、選手が移籍を望むのは当然だろう。移籍を最初に望むのは彼自身だ。ただ、そこに論争があってはいけない。機能していないことにことについての前向きなメルカートと捉えるべきだ」