インテル、ガリアルディーニとラドゥが再び陽性。シュクリニアルは隔離中にパパに

スポンサーリンク
インテル
スポンサーリンク

インテルは引き続き新型コロナウイルスに頭を悩ませている。『スカイ』は20日、ロベルト・ガリアルディーニとヨヌーツ・ラドゥが最新の検査でも陽性だったと伝えた。

このため、ガリアルディーニとラドゥは引き続き自主隔離となる。また、アシュリー・ヤングとミラン・シュクリニアルについては検査の結果待ちの状態だ。

シュクリニアルは、まだスロバキアで隔離されている。チームから離脱していることは痛手だが、良いニュースもあった。ただ、もどかしさがあるはずだ。

シュクリニアルは自身のSNSで生まれたばかりの赤ちゃんの手の写真を掲載。「ようこそお姫様。早く抱きしめてあげたいよ」と綴り、第一子誕生の喜びを伝えている。

アレッサンドロ・バストーニとラジャ・ナインゴランが新型コロナウイルスから回復しつつあるインテル。メンバーがそろうにはもう少し時間がかかるかもしれない。