「ヴィオラ復帰はアストーリとの約束だった」。プラデーSDが亡き主将との誓いを果たす

フィオレンティーナ

 4日、スポーツディレクターとしてフィオレンティーナに戻ってきたダニエレ・プラデーが会見を行った。

 2016年にクラブを去ってから3年ぶりに復帰したプラデーSDは、ロッコ・コンミッソ会長らが自身を選んだことに感謝を示し、「私の家族は、この世界で最も美しい街の一つに戻ることができてうれしく思っている」と語った。

 また、2018年3月に急死した元主将ダヴィデ・アストーリとのエピソードを明かしている。

「(フィオレンティーナを去ったとき、)最初に来た連絡の一つがダヴィデ・アストーリからのものだった。自分を獲得してくれたことへの感謝を伝えられ、いつかまた一緒に仕事をしようと約束した。それが今訪れたんだ」。

タイトルとURLをコピーしました