ガスペリーニ「イタリアではルール上ハンド。勝てなかったのは残念だが…」【ユヴェントス対アタランタ】

アタランタ

アタランタは11日、セリエA第32節でユヴェントスと対戦し、敵地で2-2と引き分けた。ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が試合後、『DAZNイタリア』のインタビューに応じている。『TuttoJuve』が伝えた。

アタランタはユヴェントスを内容で圧倒したものの、不運なハンドによる2つのPKで追いつかれている。指揮官や悔しさをにじませた。

「これがイタリアのレギュレーションだ。我々は腕を動かした。だからPKになった。狂気だね。ほかのリーグなら、また違った解釈があるだろう。我々イタリアのレギュレーションでは明らかなPKだ」

「ビッグクラブ相手に、とても良い試合ができた。チャンピオンズリーグの視点で戦うように求めたよ。その衝撃に耐えられるのかを把握したかったからね。その動きには満足している。勝てなかったことは悔しいけれどね」