アタランタ愛を語るスケロット、復帰の扉は閉ざさず。過去の騒動にも言及

アタランタ

かつてアタランタで活躍したエセキエル・スケロットが、ベルガモのテレビにコメントを残した。『TMW』が4日に伝えている。

現在ブライトンに所属しているスケロットは2012年12月、日曜日の夜から月曜日の朝にかけてミラノのクラブで元彼女と口論になって平手打ちしたことが報じられ、警察が止めに入る事態に発展したことが報じられた。その後、夜遊びは練習前日の行動として不適切だとし、クラブから罰金を科されている。

その後、2013年にインテルへ移籍。アタランタのティフォージからは非難の声があがった。当時について、スケロットは次のように話している。

「大抵の場合、ピッチでのことや日常生活から判断される。最初に謝罪したいのは僕だけど、いつもそうできるわけじゃない。インテルへ行ったことを恨む人がいることは確かで、それについて僕ができることはないんだ。僕はベルガモに寄り添っていて、大変なことが起きたときには悲しく思った。今はチームがうまくいっていてうれしいよ。僕はインテルへ行きたかった。ただ、ピッチ外でのことも判断材料だったと思う。僕は独り身だったし、みんなと同じようにクラブへ行っていたよ」

今シーズンのアタランタについては、次のように語った。

「ガスペリーニが素晴らしい仕事をしている。彼のプレースタイルはプレミアリーグでも多くのチームが採用しているね。アタランタのプレーは見事で、パプは練習からすごいことをしていたよ。そこから大きく成熟したね」

アタランタ復帰の可能性を問われると、こう述べた。

「僕は誰からの扉も閉ざさない。ティフォージがどう反応するかは分からないね。徒歩でも帰るよ。ただ、まずは監督や会長と話さないとね」

スケロットはブライトンとの契約が今シーズンで満了する。6月以降に契約を更新するオプションがあるとのことだが、「決めるのは自分次第」とスケロットは語った。