CLでアタランタと対戦するコンドグビア「突破は50:50」

アタランタ

 18日付『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、バレンシアMFジョフレイ・コンドグビアのインタビューを掲載した。バレンシアのリーダーは、チャンピオンズリーグについて語っている。

コンドグビア「スパレッティは残留を望んでくれた」。スペインとのメンタリティの違いも語る
 18日付『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、バレンシアMFジョフレイ・コンドグビアのインタビューを掲載した。その中でインテル時代を振り返っている。  コンドグビアは2015年にインテルの一員となったが、大きな期待に応えることは...

 インテルで2シーズンを過ごしたあとでバレンシアに加入したコンドグビアは、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でイタリアに戻ってくる。ラウンド16の相手はアタランタだ。

――アタランタ戦の勝率は?

「50:50だ。チャンピオンズリーグの経験という意味では、僕たちの方が上かもしれない。ただ、初出場でここまできていて、さらに上を目指している。どちらにとってもすごく難しい試合になるだろう。ただ、楽しみだね」

――このラウンドを突破した方が今大会のサプライズに?

「そうだね。最近は毎シーズンのようにサプライズがある。アヤックス、モナコ、トッテナムとね。信じなければいけない。この対決はオープンになるはずだからね」

タイトルとURLをコピーしました