5/20 アパレル第2弾!

アタランタがボガ獲得に意欲で32億円用意か それでもミランチュクは…

アタランタが、サッスオーロのFWジェレミー・ボガに関心を強めている。『TMW』が30日に伝えた。

8/30コープマイネルス決定 【2021夏セリエA移籍市場】アタランタの主な移籍確定情報&基本フォーメーション

これによると、メルカート閉鎖間際になってアタランタはボガへの動きを強めている。ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の要求を満たすためにクラブも努力を惜しまないつもりとのことだ。

サッスオーロの要求額は2500万ユーロ以上。アタランタがこの額を用意する可能性はあるとみられている。

ボガに対してはクリスタル・パレスなどからの関心が伝えられているが、本人は興味がないという。むしろ、チャンピオンズリーグでプレーできるアタランタの方が、選手にとって理想の目的地となるかもしれない。

ボガが動くことになれば、他クラブにも影響が出ることになる。サッスオーロは即座にクロトーネのジュニオール・メシアス獲得に動く見込み。こちらはトリノやミランへの移籍が取り沙汰されるが、割って入ることになりそうだ。

一方、アタランタがボガ獲得を決めたあとに誰を出すかについては、アレクセイ・ミランチュクの名前が噂されている。しかし、『TMW』は、「ボガを獲得したからといって、ミランチュク放出が既定路線になるわけではない」とし、獲得を狙うミランにとって簡単な交渉ではないだろうと記している。

ミラン、まだ攻撃的MF決まらず…フェーブル消滅でミランチュク浮上 アドリは来年加入

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる