ラツィオに大ベテランが復帰? ローマはビニャ放出、かわりの若手を用意【1月21日移籍市場まとめ】

ウディネーゼはサマルジッチの今冬放出を否定

2023/24シーズン冬のメルカートが動いている。1月21日のセリエA主要クラブのメルカートの動きをまとめて紹介する。

●1月19日の主な動き

インテル

ミラン

  • フロジノーネがダヴィデ・バルテザーギのレンタルを狙う。

ナポリ

  • マティヤ・ポポビッチはモンツァ行きか。当初フロジノーネ行きの話が進んでいたものの、EU圏外枠の関係でまとまらず。
  • アレッシオ・ゼルビンもモンツァ移籍へ。
  • ノッティンガム・フォレストのオレル・マンガラ獲得を目指して交渉中。選手はレンヌよりもナポリ行きに前向き。

ラツィオ

  • サレルニターナのアントニオ・カンドレーヴァ獲得に再挑戦。

ユヴェントス

  • モイーズ・ケーンの移籍が近づいている。だが、アトレティコ・マドリーのアンヘル・コレアの放出が先のため、まだ決定せず。
  • ティアゴ・ジャロがトリノ到着。22日にメディカルチェックへ。

ローマ

  • サッスオーロにレンタルしていたマティアス・ビニャのフラメンゴ移籍が合意。移籍金は800万ユーロ+ボーナス。

サッスオーロ

  • マティアス・ビニャのレンタル打ち切りに伴い、ローマから若手レンタルへ。ジョアン・コスタ、アレッサンドロ・ロマーノ、セルゲイ・レバク、ウィリアム・フェオラ、リッカルド・パガーノ、ジョアン・ガブリエル・カルドソが候補。

ウディネーゼ

  • フランコ・コルヴィーノGM「ラザル・サマルジッチには多くの関心がある。いずれヨーロッパの強豪へ行くだろうが、1月の放出は予定していない」(Raiの番組)

その他

チェゼーナ:

ユルゲン・クリンスマンの息子、ジョナサン・クリンスマンが加入した模様。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!