ペレイラ、ウディネーゼ出戻りを語る「望んだクラブには行けなかった」

パストレッロには不満…?

ウディネーゼは11日、ロベルト・ペレイラが加入したことを発表した。選手本人がこの夏の動きを説明している。

ペレイラは昨季限りでウディネーゼとの契約が満了していたが、フリーとなって戻ってきた形だ。本人はチャンピオンズリーグ出場を目指してウディネーゼを退団したが、希望するような場所へは行けず、最終的にウディネーゼに復帰している。

ペレイラは8月途中に代理人をフェデリコ・パストレッロからルイス・ポメスに変更したことが伝えられていたが、やはり代理人の動きには不満があった様子。『スポルティターリア』が同選手のコメントを伝えた。

「否定的なコメントもあるし、そうだと思う。ただ、僕は常に冷静で、自分がどうしたいかを理解していた。必要だったら誰とでも話したよ。僕がお金で動いたわけじゃないことがはっきりしたと思う」

「ヨーロッパの舞台でプレーしたかった。でも、あまり良い仕事をしてくれない人たちに自分のことを任せてしまったね。そのツケだ。この夏のメルカートは異常だったけど、それはそれでOKだ。本当にお金はどうでもいいんだ。自分のやりたいことをさせてくれない人に任せていたのが良くなかったね」

「もっと前に決められた? 繰り返しになるけど、僕はサッカー選手として最大の目標である大会に出ることだった。それだけだよ。僕は野心に従って決断した。会長には、最初に話し合ったときからそれを伝えた」

「でも、結局はここに残ったね。自分が望んだようなクラブには行けなかった。でも、ここに続けることに迷いはなかった。いろいろなオファーはあった。大金がもらえるものだね。イタリアからも話はあった。ヨーロッパの大会でプレーするチームを探したのは、僕の思い違いだったのかもしれない」

「とにかく今は、ウディネーゼのことに集中だ。試合に出て、チームと監督に貢献するために頑張るよ」

●ウディネーゼ、今夏契約満了のペレイラが復帰

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
SwG Basic の例
広告